FC2ブログ

記事一覧

アンケート・2018夏調査(2018/4-6月期、終了アニメ、57+2作品) 第49回・アニメ調査室(仮) 様

ようやく書き終わりましたのでご報告いたします。アニメ調査室(仮)様、2018年夏アニメアンケートの回答です。割とぎりぎりの滑り込みで申し訳ないなあと。





2018夏調査(2018/4-6月期、終了アニメ、57+2作品) 第49回

01,踏切時間,x
02,ヒナまつり,B
03,ピアノの森,x
04,刀使ノ巫女,x
05,東京喰種:re,x

06,メガロボクス,S
07,デビルズライン,x
08,スナックワールド,x
09,こみっくがーるず,x
10,ひそねとまそたん,x

11,ゴールデンカムイ,B
12,ヲタクに恋は難しい,x
13,グランクレスト戦記,A
14,宇宙戦艦ティラミス,x
15,3D彼女リアルガール,x

16,鹿楓堂よついろ日和,x
17,されど罪人は竜と踊る,F
18,バジリスク 桜花忍法帖,x
19,ガンゲイル・オンライン,x
20,ニル・アドミラリの天秤,F

21,あまんちゅ! あどばんす,x
22,ウマ娘 プリティーダービー,x
23,お前はまだグンマを知らない,x
24,ダーリン・イン・ザ・フランキス,F
25,かみさまみならいヒミツのここたま,x

26,マーベル スパイダーマン (14-26話),x
27,ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語,x
28,カードキャプターさくら クリアカード編,B
29,実験品家族 クリーチャーズ・ファミリー・デイズ,F
30,ありすorありす シスコン兄さんと双子の妹,x

31,銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅,x
32,美男高校地球防衛部HAPPY KISS!,x
33,食戟のソーマ餐の皿 遠月列車篇,x
34,甘い懲罰 私は看守専用ペット,x
35,鬼灯の冷徹第弐期 その弐,x

36,弱虫ペダル GLORY LINE,x
37,ハイスクールD×D HERO,x
38,七つの大罪 戒めの復活,A
39,奴隷区 The Animation,x
40,Butlers 千年百年物語,x

41,立花館To Lieあんぐる,x
42,Caligula カリギュラ,S
43,覇穹 封神演義,x
44,魔法少女 俺,A
45,LOST SONG,F

46,魔法少女サイト,x
47,一人之下 第2期,x
48,蒼天の拳REGENESIS,x
49,多田くんは恋をしない,C
50,斉木楠雄のΨ難 第2期,x

51,Cutie Honey Universe,C
52,Spiritpact 黄泉の契り,x
53,Lostorage conflated WIXOSS,x
54,アイドリッシュセブン (全17話),x
55,(特番 7話) TO BE HEROINE,x

56,(特番) Dies irae (12話~17話),x
57,(特番) フューチャーカード バディファイトX オールスターファイト,x

参考調査

t1,(参考調査10話まで) フルメタル・パニック! Invisible Victory,x
t2,(参考調査20話まで) BEATLESS,A




{総評、寸評など}

02,ヒナまつり,B
小学生の子供が大人から一方的にやりたい放題されるネタをギャグとして受け入れられるかどうかで評価が変わるように思う。個人的にはそういった部分が好きではないが、それでもとても良く出来たギャグアニメ。また感動系の話は本当に素晴らしい内容。ヒナの故郷等、作中の謎はほとんどわからなかったが、新田とヒナの関係性がとても良い。作画がとても綺麗。

06,メガロボクス,S
「本物と偽物」をテーマとした完成度の高い「成り上がり」シナリオ、動きを特に意識した良く動く作画、心理描写重視の演出、作風に合った音楽ジャンルの起用など、こだわりを感じる傑作。キャラ描写が特に良くキャラに厚みを感じる。比喩や対比、暗喩なども多く観ていて面白い。あくまで人間ドラマが主で、スポーツ(メガロボクス)描写がメインではない事だけ注意。

11,ゴールデンカムイ,B
2期ほどきれいに終わってはおらず、またシナリオ的にも布石を撒く段階のため1期単品としてはBだが、内容は濃く面白い。キャラクターが特に濃いが、主役2人のまっすぐな関係性が主軸なので見やすい。金塊の謎、人間の生き様、バトルアクション、ギャグコメディ、ほのぼの要素など、多数の要素があるがバランスが良い。ギャグセンスが独特で面白い。

13,グランクレスト戦記,A
正統派ファンタジー戦記もの。内容的にはファンタジー要素よりも戦記要素や合戦シーン重視の方向性で一貫している。原作に対し尺が短すぎるせいかキャラ描写は薄めであり、戦記ものあるいは思想のぶつかり合い等の群像劇としての面白さがメイン。一部取捨選択や改変に疑問符はつくものの、おおよそ原作に沿った内容で話も綺麗に終わる。

28,カードキャプターさくら クリアカード編,B
2期前提のぶつ切りの終わり方なのでB評価だが、内容そのものは良い。ストーリーを求める人にはゆっくりすぎるテンポだが癒し系、ほのぼの系として優良。魔法少女ものに癒し系やほのぼのなどの要素の方向性がまとまっていて見やすく、2期へ続くであろう謎も多少展開される。作画演出が非常に安定していて綺麗。キャラも優しく可愛らしい。

38,七つの大罪 戒めの復活,A
内容としてはキャラ描写が多めの典型的な少年漫画的バトルファンタジー。原作既読者として、尺的には詰め込み気味ながらも基本原作に沿った良いアニメだと感じた。本作は特に絵柄の原作への寄せ方、OP映像差分など、原作へのリスペクトが強い印象。内容は2期なので中途、内容は一応ひと段落しているがどうなったか不明なキャラも数名。

42,Caligula カリギュラ,S
キャラクターたちが自身の内面や現実に向き合う話で、いわゆる「刺さる人には刺さる」タイプ。雰囲気は暗めだがギャグや明るさ、希望もある。シナリオが特に良く、序盤の謎が判明していく流れや終盤のどんでん返しなどが見所。ゲーム原作のためややキャラが多めだが、それぞれ一通りの掘り下げはなされていてそれほど違和感は無く、敵も含めて魅力的。

44,魔法少女 俺,A
ギャグや性別逆転、魔法少女をメタった奇抜な設定などが目立つが、全体の話の構成としてはかなりオーソドックスな魔法少女もの。癖のないキャラとあるキャラがバランスよく配置され、毎回ツッコミながら笑えて少しいい話。ラストのオチも安定している。5話だけはやや内輪ネタ。EDの一部が毎回シナリオに沿って原作者の絵を差し替えるなど凝っている。

49,多田くんは恋をしない,C
作画と音楽が良く、特に景色は美麗。中盤までのほのぼのした雰囲気は良いが、話の全体的な流れとオチが逆方向で、全編通して折角立ててきたフラグを最終回で全折りした印象。オチそのものは好きだがヒロインのラストでの心境がよく解らないまま終わったように感じて消化不良だった。なお主人公とヒロイン周り以外の恋愛描写には期待しない方が良い。

51,Cutie Honey Universe,C
お色気ネタは男性向けで古く癖があるが、女性そのものの描き方は格好良く、画面作りはスタイリッシュ。ラストバトルや話のオチなどは賛否が分かれそうだが、キャラやキャラの関係性は良く、後半味方になる数名などは特に魅力的。ハニー周りの百合描写も良い。三次元的な動きの美麗なアクションシーンは一見の価値あり。OPのセンスが特に良い。








以上です。以下はここでのつぶやき的なものになります。書いてるうちに色々思い出して感想出てくるんだけどとても入りきらないのではみ出しますすみません。

自分基準だと、話が終わっていない時点でどうやってもSにならないのだが、これでいいのかなあ、どうなんだろう。原作終了してないアニメは不利になってしまうんだけど、やっぱりアニメとして見た場合、終わってない時点で最高評価にはならないんだよなあって思ってしまって。難しい。
それからF判定については今後感想書くのはやめようって思いました、すみません。これについては書いてもあまり人様の役に立たないことに気付きました。


単独で感想記事書いてない作品だと「魔法少女俺」が好きでした。ギャグアニメとしてゆるーく観れるのもいいけどスタンダードに魔法少女モノとしても見れるのが良かったです。それでいて絵面とか設定とか展開はぶっ飛んでるのが楽しかった。あと作画が好きだった、超ゆるくて。作画崩壊回大好き。魔法少女の衣装がちょっと品が無いんだけど、本作の場合これがまた作風に合ってたなあと。

カードキャプターさくら、可愛いし癒されるし主人公カップルににやにやできてすごい好きなんだけど、最終回が凄まじいぶった切りだった。ここまで見事なのは久々に見た。てっきり最終回に2期予告あるかと思ったら無くてびっくりした。2期来たら観る~。

あとキューティーハニーユニバース観てて色々考えたり考えなかったりしました。
私個人の素直な視聴感想としては上記の通り、シナリオの要点部分と古いエロ描写その他色々がひっかかって普通評価なのですけど、どんな層を狙っているかでもまるで違ってくるので難しいなあと思います。制作側が最初から当時の層を狙って作っているのであれば、古さはむしろ狙い通りなわけだし。
世間的な評価に関しては媒体の問題もあると思うのですよね。もし上記のようにニッチな層を狙っているのであれば、現在のTV視聴をメインにしている大多数のアニメファンとは噛み合わないところもあったんじゃないかと感じました。OVAマジンカイザーが方向性については似た感じだったからこれもOVA向きだったのかも。
男性向けだけど女の子のメンタルは芯があるしアクションはスタイリッシュだしで、昔と今の良い所を整理したうえで制作されてた印象なので基本的には好きなのですよね。ビジュアルに関しては女から見ても綺麗なセクシーさで素晴らしかったですし。
でも全体を冷静に評価してしまうとC。つらい。良い所も悪い所もたくさんある濃いアニメのC評価と内容が無い虚無アニメのC評価は気持ち的には正反対。
なっちゃんとタランチュラパンサー可愛い。あとハニーに坂本氏という配役は素晴らしかったと思います。変身したハニー全員別キャストとか、全員文句なしに可愛かったけど作品として成功してるかっていうと。うん。難しい。


書いてて思ったのはこんな感じでしょうか。ほんとに脊椎だけで思考しててすいません。ただこういう事が考えてて一番楽しい。こういうとこも含めてアニメってジャンルには楽しませていただいてます。
あれです、評価って難しいねっていう話です。評価って世間的なものを調べてみるにしても、自分でするにしても、捉え方がホント難しいなあと。

この期はメガロボクスが一番好きでBD買っちゃったけど、カリギュラとかグランクレストとかまほおれあたりもかなり好きで、見てて楽しかった。
グランクレストは典型的な原作買いたくなるタイプだったので買ったけど、その原作が超好みのタイプで、本当に良い出会いをさせて頂いたと思います。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

towa(らくがき者)

Author:towa(らくがき者)
らくがき者。二次絵とか描く。 ◆最近はアニメの感想書いてる事が多いです。

最新トラックバック

FC2カウンター